「謎」で 学 ぼ う !

 活動記録

実際のイベント

今現在、全国では様々な謎解きゲームが開催されています。

その目的は単に娯楽やエンターテイメントのためのものはもちろん、地域の活性化や文化祭での出し物、宣伝や授業の一環など、様々です。

それほど、謎解きは人々の目を惹き、興味を持ってもらえます。

そのようなイベントを我々も体験してきました。

 

エンターテイメント・娯楽としての謎解きイベント

名古屋で行われた謎解きゲームに参加してきました。

 

謎

↑訪れた謎解きイベントスペース

 

会場には人が溢れており、皆さん謎を楽しんでいる様子でした。

イベントとしても大盛り上がりで、私たちも存分に楽しみました。

 

謎

↑脱出に成功しました

 

謎解きの面白さを身をもって感じ、それが様々な目的で使われることにも納得がいきました。

街おこしとしての謎解きイベント

続いて関西で開催された謎解きイベントに参加したので、それを紹介します。

 

 

謎

↑ゲームへの参加権

 

ゲームの内容は、電車を使って大阪、兵庫県内の様々な土地へ行き、そこにある景色やモニュメントを利用し謎を解くというものです。

これは謎解きを通して人々を街へ呼ぶという目的があると思われます。

謎に街の特徴を利用することで、その街を覚えてもらう、特徴を知ってもらうという効果があると思います。

 

謎

↑謎解きで実際に利用したモニュメント

 

このような形で謎解きは街おこしとしても使われており、その効果は街だけでなくそこにある店や交通機関にまで及んでいると思います。

我々も実際に参加してみて、その効果は確かなものだと感じ、楽しみながら街を徘徊できるのはこのようなイベントの強みだと思いました。

文化祭の出し物としての謎解き

最後に、関西学院大学の新月祭で行われた謎解きゲームに参加してきましたので紹介させていただきます。

2018年11月4日に関西学院大学にて謎解きゲームがありました。

 

謎

↑関西学院大学「新月祭」にて

 

内容は50分間のゲームで6人1組のチームで脱出を目指すというものでした。

内容はとても面白く、値段も1人500円ととても手頃な値段で遊ばせていただきました。

 

謎

↑実際に参加した謎解きゲーム

 

このように謎解きゲームは文化祭の出し物としても利用されていて、完成度の高いものが様々な学校で遊べます。

また、そのようなイベントは集客も見込め、自分たちの団体を知ってもらうことにも繋がると思います。

 

 

このように、謎解きは様々な目的において有効で、実際に利用されています。

お客さんを楽しませながら街を歩かせたり、宣伝をしたりできるのは謎解きの大きな特徴です。

我々もこのようなイベントに実際に参加してみたことで、その可能性を改めて実感することができました。

 

最後に、我々がこのサイトのために謎をいくつか用意しました。

どの問題もこのサイトのためのオリジナル問題となっています。

これまでのサイトの内容を思い出しながらぜひお楽しみください。

©︎関西学院高等部数理科学部

この作品は第21回全国中学高校Webコンテストに参加しています。ウェブコン